ペナルティ間近か?内部リンクとブラックハットSEO

今回はですね、内部リンクとブラックハットSEOについて書きたいと思います。

ブラックハットSEOとは?

ブラックハットSEOとは、Googleが定めるガイドラインに反し、アルゴリズムの穴を突いて不正に検索順位を上昇させるための手法を指します。

ブラックハットSEOとは〜知らないと危険なNG手法まとめ

実はですね、ぼく素人ながら、数年、色々と日々、様々な実験をしています。
 最初に行っておきますが当然これがSEOだっていうものは僕からは出て来ませんw

SEO対策で指標となっているであろう要素ランキング
一つの記事が一位になるまでSEO対策らしきものを色々やってみた。
SEO対策を実際に色々やってみたらどうなるか試してみた。

で、順位チェックもシークレットモードでしているんですが、「うさちゃんねる」っていうワードで一時期、一位をようやくとれていたんですが、また最近、ライバルが上がって来ましたよw

一時期争っていたのがアメブロの「うさちゃんねるさん」最近はYouTubeの「うさちゃんねるさん」ですw

このうさちゃんねるさんとは両方仲良くさせてもらってますが、検索順位は話は別ですよw
 ライバルでもあります。

両サイトともにドメインパワーが圧倒的に優っている様子ですね
YouTubeにいたってはブログですらないしw

色々言っても、アクセス多くても自分のサイトのタイトルで上位が取れてないって終わってると思うんですw

事の発端

で、順位は気にしているわけですが、メインのトップページではなく、BLOG、過疎掲示板のほうが「うさちゃんねる」というワードで上位に来てしまいましたw
 当然僕としてはトップページが上位に来るのが望ましいんですが

うさちゃんねる
ブログ   掲示板
ツール   コンテンツ

みたいに検索すると表示されるじゃないですか?
ヤフーとか、このような表示方法ってそのワードで圧倒的上位にいないと無理みたいなんです。
僕もうさちゃんねるで何度かお目にかかってはいるんですが、今では上位をとれていない状態なんです。

まずBLOG、過疎掲示板を落としてトップを トップと認識してもらわねばなと思って、対策することにしたんです。

そこでとった対策がアンカーテキストの変更

そこでとった対策というのがアンカーテキストつまり
usachannel.infoのようになっていたリンクの名前を「うさちゃんねる」と変更しました。
これだけで、blogや過疎掲示板より上位に来ることができました。
blogははるか彼方へ飛んで行きました。

もともとトップページは各ページからリンクはされていたんですが、これだけでも順位の変動ってあるんですね。
しかしなぜ各ページから最も多くリンクを集めているはずのトップが上位から下がったのでしょう?

 意図せず被リンクを得ることができていたBLOG

自サイトの様々な情報を見ることができるツール
Google Search Console
 でいろいろとみていたところたまたま「内部リンク」に目をやると
記事A 40000
記事B 30000
 のように見たことも無いような桁が揃っていましたw

実は、僕は、別ブログではヤフーニュースなどを自動でツイッターに投稿しアクセスしてきた人には自分のブログでヤフーニュースを表示するというスクリプトを作っているんですが、ニュースごとにURLができるんです。

右カラムにはコメントのあった記事やらアーカイブやら新着やらでいろいろな記事が表示されていたわけです。

つまり記事が増えるたびに被リンクが増えていっていたんですね。

しかしそこには落とし穴が・・・

ヤフーニュースって膨大な量のニュースを飛ばしています。
全部保管していたのではさすがにヤフーと言えど辛いのでしょう。
一定期間が過ぎると、記事は削除されます。

僕のブログではヤフーのニュースを読み込んでいただけなので、そのページは存在はするがすっからかんのページになってしまいます。

ここでインデックスされないように対策しとけばよかったのですが
なにもしていなかったので意図せずペラページを量産し、 内部リンクが多いような危険な状態になっていましたw

ペナルティ寸前でした
ですがこのようにめちゃくちゃなSEOでも上位に表示されてしまうこともあるんだなとおもいましたねw
ネットの情報ではあれは黒でこれは白だときっぱり分かれていますが実際にやってみると
白と黒ではなくグレーというかなんというか
白黒では語れない部分もあるのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする