h1タグは検索順位に影響するのか実験してみた。

今回はh1タグが検索順位に影響するのか、wwwありなしの統一化は検索順位に影響するのか実際に試して見ました。

僕の別のブログは自作ブログなので、全部1からやりました。
どの段階でミスったのかわかんないんですがなぜか記事タイトルがh1タグではなくh2タグになっていたんですね。

そのまま数年がたちました。タイトルという重要な部分がそのままになったまま・・・

h1タグってなんぞや?

hタグとは見出しとも言われ「h1タグとはなんぞや?」の部分を囲んでいる部分です。

囲んでいるのはh3なんですが、hシリーズには1から6まであり最上級がh1です。

h1以下のタグは記事中に何回でも使うことができますが、h1は一度しか使えない
特別な存在です。

Googleもh1タグに対して以下のようなコメントを出しています。

「Hタグは、Googleと訪問者に対してそのサイトやページの重要な部分を示します。Hの後の数が低い程、そのテキストは重要である事を訪問者とGoogleは認識します。H1タグを正しく利用しましょう。もし、視覚的にh1タグがふさわしくないと思った場合は、h1タグのスタイルをCSSで修正しましょう。」

そこで言われたとおり編集して記事タイトルをh1タグに持ってきました。
偶然にもできてしまった実験環境ww
変更してからしばらく放置していました。

これでもし、h1タグが評価され全記事の評価が上がったら面白いな
ちょっとでもあがったら凄いことになるぞぉぉと思いながら

結果
ピクリともしませんw

なぜこのような結果になったのか?
h1タグは以前スパムにも使われていたそうで、Googleがh1タグに対する評価を下げたんだそうです。
逆に考えればh1タグで挟んだからといってどんなワードでも上位になっていてはいまごろスパムだらけになっていたでしょうw

ですが、わざわざコメントを出しているぐらいです。
急激な順位上昇は望めないものの、指標の一つとして数えられているのは間違いなさそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする