質の高い記事の書き方とは?ブログを筋肉モリモリにしよう!

今回は質の高い記事の書き方について考えて行きたいと思います。

検索結果でいい順位を得るには、質の高い記事を追加し続けることだというのは、ブログを書いている方なら一度は目にしているかと思います。

コンテンツイズキングといわれる時代、Googleもコンテンツの質とリンクが検索順位をあげるのに重要だと公言していますね。

質の高いコンテンツを追加し続けることが、ブログの持っているパワーを上げていってくれるのではないかと思います。

Googleの中の人が公言

色々なポイントが検索ランキングに影響するのはわかったけど、最も大切なのはどの要素ですか?それが分かれば、私達も、より品質の高いサイトを作れるようになりますよね。

リパセフ:
ええ。それは、コンテンツと、あなたのサイトについたリンクです。重要さはどちらも同じ程度で、両方そろっているかが大切です。

よって公言されたている検索結果に影響するといわれているのは以下の3つです。

  • コンテンツの質
  • 被リンク
  • 200以上の指標があるといわれる対策

200以上の指標

WordPressを使っている人は既に対策の8割はすんでいるとも言われていますが、無料ブログを使っている人にはどうこう施策できない問題もあったりします。

被リンク

相手が送ってくれないことにはどうしようもない

そこで自分でできる対策で効果が高いのが質の高いコンテンツの作成ではないでしょうか?

コンテンツの質?

これは内部リンク以上にどのブログサービスを使っていても対策ができると思います。

質の高いコンテンツを追加し続けることで外部から紹介されたりして被リンクも得れることになりますね。

しかし、質の高い記事、コンテンツってなんだ?って思いませんか?

自分でいいと思ったらそれでいいでは間違いなくよくないでしょうw

実は僕は長い間、独り言のようなブログを運営していました。

こんなんでもそこそこアクセスあるのかなとマイペースに2年ぐらいは書いたと思いますが、まったくないですw

いろいろやってきたので今回は質の高いコンテンツを作成したいと思っています。

そこでGoogle先生に聞いてみます。

質の高いコンテンツ

具体的にGoogleが出している質の高いコンテンツについては以下の通りです。

  • 有益で情報が豊富: レストランに関するサイトを立ち上げるなら、所在地、営業時間、連絡先情報、メニュー、今後のイベントを知らせるブログなどのコンテンツを掲載することができるでしょう。
  • 他のサイトより価値が高くて役立つ: 犬のトレーニング方法を紹介する場合は、犬のトレーニングに関するウェブ上の他の記事よりも高い価値を提供したり、異なる視点から書かれた記事を掲載したりします。
  • 信頼性がある: 独自の調査、引用、リンク、レビュー、証言などを通じて、サイトの信頼性を示します。著者の経歴や実際の顧客からの証言などを掲載すれば、サイトの信頼性や評価を高めるのに役立ちます。
  • 高品質: サイトのコンテンツはユニークで、個別で、質の高いものでなければなりません。大量生産されたコンテンツや、他の多数のサイトに委託したコンテンツは望ましくありません。コンテンツは、検索エンジンで上位に掲載されるためではなく、優れたユーザー エクスペリエンスの提供に主眼を置いて作成してください。
  • ユーザーを引き付ける: 商品やチーム、作者自身の画像を追加することで、サイトに色どりやリアリティをもたらします。スペルミス、不自然な文体、事実誤認などでユーザーが不快にならないようにします。また、広告の量が多すぎることも、ユーザーが不快になる原因になります。定期的な更新、コメント ボックス、ソーシャル メディア ウィジェットを通じて交流しながら、ユーザーを引き付けます。

Search Console ヘルプより

文字数と質

よく●●文字以上で書きましょう!と書いている記事を見かけるので探ってみたのですが、実はGoogleからはコンテンツの質に関して具体的な文字数は言及されていないようです。

ではなぜこんな風に●●文字以上を言われるのか?というのも質の高い記事を書いたブロガーさんは自然と文字数が自分で提示されているラインよりは上になるからだと思います。

だからと言って真に受けて「長く書けばいいんだ!」と内容も薄いのに無駄に引き伸ばして長く書いている人がいますがこれはユーザーのためにはならないのでマイナスだと思います。

「あっ無駄に長い」と思って読み流した経験は誰でもあると思います。

検索から来るユーザーは「情報」を求めているので

管理者が提供する長文を読んで長く役に立たない文章を読む修行したいのではありません。

検索して必ずしも長文ばかりが上位に来ているわけではないので「質が高いコンテンツ」と文字数は関係ないんだと思います。

まとめ

  • オリジナリティに溢れていて、情報が豊富でほかの人がやっていない記事
  • 既にある記事ならその記事よりも高い価値を提供する。
  • 検索エンジンではなくユーザーのためになる記事を作成しましょう
  • 画像、配色などを使ってわかりやすくしましょう
  • スペルミスや不自然な文体を避けましょう
  • 広告を多くしすぎないよう注意しましょう
  • 定期的に更新しましょう
  • 他ユーザーと交流しましょう

こんなところになるとおもいます。更にまとめると情報が豊富でオリジナルの記事をユーザーのためになる記事を作成しましょうということですね。

ユーザーにとって役に立つコンテンツを提供することがGoogleから求められているようです。

このようなコンテンツを提供し続けることで、ブログは筋肉モリモリになっていき

Googleからの信頼性もあがり、広く拡散され、被リンクも増えるように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする