SNSで拡散されるとSEO効果あり?意外な被リンク効果

今回は、SNSで拡散されるとどんなSEO効果があるのか書いていきたいと思います。

実はSNS自体の被リンクはnofloowが付いていたりなのでSNS自体のSEO効果はないとGoogleの中の人も明言しています。

(SNSシェアには)直接的なSEO効果はない。

そうしたもの、つまりソーシャルシグナルは、検索順位に直接は影響がない。SNSのほとんどはnofloowをシェアリンクにつけるようになっている。そのため、順位上昇効果は望めない。

SNS投稿が多いと検索順位が上がった、という例を見たことがある、と言う人もいるかもしれないが、それらは元がよかったんだ。SNSシェアがついていたかどうかは関係がないはずだ。

なるほどですね

拡散される記事は、元々拡散されるべくして拡散されると僕も思います。

そしてそういう記事は、ブログからも被リンクを受けるチャンスが多くあります。

そこで検索順位が上がっているんでしょう。

[SNS自体の被リンクは効果がない]は正解
個人レベルで複数アカウントやBOTを作り、拡散とまでは行かずとも被リンクを操作出来ます。 これではちょっと単純すぎます。

しかしSNSはブログで紹介までされなくても効果もある。

SNSも沢山ありますが、SNSには更に沢山の外部連携サービスと言うものがありますよね 拡散された記事は計らずともそこからの被リンクが多数見受けられました。

というのもSNS用に見やすく別の外部サービスをみるこだわり派っているみたいで、ついっぷるtogetter、ちょっと違いますがツイフィールというサービスもあります。

こういった外部連携サービスは沢山あります。ほんんとに沢山、そして外部連携サービスにはnofloowが付いてない場合も多いみたいです。

自分で登録してツイートしても被リンクとして認識はされています。

僕も試しに利用したことがありますが、過去にとりあえず使ってみるかという感じで登録してそのままになっている人が多そうですがそんなリンクや ○○まとめといった 自動的になにかをまとめているっぽいサイトなど

ちょっと注目を浴びると意外なとこからも被リンクを浴びることが出来るという記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] SNSで拡散されるとSEO効果あり?意外な被リンク効果 | うさちゃんねるフロンティア 投稿日 2017年4月18日 23:05:35&nbsp(総合) […]