WordPressの使い方からインストールまで始めたらとりあえずやっておくべきことをまとめてみた。

今回はWordPress始めたらやっておくべきことを紹介したいと思います。

僕もWordPress初心者なんですが、自分で構成からプログラミングまで依頼されて作ったブログを数年カスタマイズしてきましたが自分で作ったブログには戻れない!というほど満足しています。

ネタ作りには自作ブログもいいんですが、WordPressは記事を書くことに集中するには最高の環境ではないかと思います。

最初は機能が多すぎてウワァ!っとなりますが、これまでブログしていた方だったらすぐに馴染めるような機能ばかりです。

WordPressには以下のようなメリットがあります。

  • 最初からSEO対策が完成している。更にプラグインで強化できる。
  • プラグイン、テンプレートが充実している。手軽に拡張できます。
  • 運営の方針に振り回されない。通報されたらデリートされるのでは?といった心配がなくなります。

詳しくは以下の記事をごらんになってください。

WordPressをブログ初心者にこそすすめたい9つの理由

今回は自分で1からブログを作り上げた僕でもおすすめしたいブログ環境 WordPressについて書きたいと思います。 僕も、アメブロ、Blogger、fc2、自作ブログと使ってきましたが、WordPressはそのどれをも超えていました。 僕はWordPressってなんか難しそうだなと敬遠している方にこそ是非おすすめしたいとおもいました。   まず僕が自分で1からブログを作り上げた理由は好きな機能を追加できるという点です。 しかしこれはプラグインという形でWordPressでも実現できました。 そもそもブログを書くのに必要な機能ってそんなにないんですよね^^; レイアウトに関しても、簡単に変更することが可能です。 すでに無料ブログを使っている方で、あのブログのあの機能があればなぁ と思っている方、多いと思いますが、WordPressならそういう悩みが解消されます。 またSEO対策もインストール時にできてしまうので、初心者でまったく勉強する気がない人にもおすすめです。 僕はずっと、独自ドメインで運営してきたので忘れていましたが先日あるブログをみておもいだしました。 可愛い猫をアップしたブログ女の子のブログでしたが、スマートフォンでスクロールすると下のほうで一緒に広告もヌリュンとスクロールしました。 僕はこんなに可愛いページなのになんという広告を付けるんだ!と思いましたがそれは違いました。 そこには多くの人がスマートフォンでアクセスしているのにスマートフォンではこのような広告が表示されて申し訳ないと書いてありました。 この記事を見たから僕は彼女が貼ったものではないとわかりましたが、見ていなかったら不快な広告を見ただけで終わりました。   みんな!お金になるならともかく運営のために記事を書くのはもう終わりにしましょう。 WordPressの導入、移管は思った以上に簡単でした。 1からやるとしたらドメイン、サーバーを用意しないといけないですが、そんなに難しいことではないです。 移転を躊躇する理由にこれまで書いてきた記事がもったいないというところもあると思いますが、これまで無料ブログで書いてきた記事も移動することができます Bloggerに関しては僕が記事にしましたのでそちらを参照してください 僕がこれまで無料ブログを渡り歩いてきた経験からいいますと、移管の手順はどこも同じで   エクスポート、バックアップ 書くブログで言い方は違いますがやることは同じでこれまで書いてきた記事をファイルにする。 インポート WorePressに読み込む 以上になります。   移管できるブログサービス アメーバブログ (Ameba ブログ) Blogger (ブロガー) BloggerからWordPressにお引越し方法 FC2 ブログ goo ブログ (グーブログ) JUGEM (ジュゲム) livedoor ブログ (ライブドアブログ) SeeSaa BLOG (シーサーブログ) Yahoo!

では、さっそくWordPressを始めたらやっておくべきことを紹介していきたいと思います。

とりあえずサーバー借りないと始まらないので各サーバーの設定を探してきました。

サーバーは悩んだらエックスサーバー

特にこだわりがなければエックスサーバーで良いと思います。

僕がサーバーを選ぶ際に負荷テストをしましたが、エックスサーバーの価格帯では最も優秀でした。

他にもおすすめの理由

  • Word Pressと併用している人が多いので困ったときに情報が充実している
  • 人気が出てきて容量不足になったら、手軽にプラン変更でアップグレードできる

というような理由から先々も安心して運営することができます。

各サーバーでWord Pressインストール手順

手順に関しては以下の記事で書きました。

他、無料ブログを使っていた方でも資産となる記事をWordPressに移行することもできます。

BloggerからWordPressにお引越し方法

今回はBloggerからWordPressにお引越ししたという記事を書きたいと思います。 まだBloggerを使い始めて数日しかたっていないんですが、不具合に見舞われました。 Bloggerでは記事を下書き状態で保存できるんですが、半分ぐらい書いて一度保存して、また半分を書いてと編集します。 記事が完成したら投稿しますよね? …

エックスサーバーの自動インストール機能を利用してWordPressをインストールする手順

wpXレンタルサーバーの自動インストール機能を利用してWordPressをインストールする手順

さくらのレンタルサーバーインストール手順

ロリポップインストール手順

バリュースターインストール手順

ユーザー名変更

ログインIDはログイン時に使うものだから変更しておきましょう!

という記事を見かけますが、直感ですぐにバレると思いましたがやっぱりありました。

WordPressのログインユーザー名は丸見え!?

WordPressのセキュリティ対策で必ずいわれるのが、ユーザー名を「admin以外に変更しよう」です。 たしかにadminというユーザー名は変える必要があるでしょう。 …

僕がすぐに見つけれたんで、まったく無意味だと思いますが

一応ログインに使うものですので変更しとけばいいのではと思いますw

Hello world!の削除

最初に手こずりそうなのがHello Worldの削除

編集もしくは削除してブログを始めてくださいと書いてあります。

投稿→ゴミ箱へ移動で削除

 サンプルページの削除

下記画像が固定ページ「サンプルページ」です。
WordPressインストール後にやるべき設定2

要領はHello Worldと同じです。

WordPressメニューから固定ページ→固定ページ一覧

を選択し、「サンプルページ」をゴミ箱へ移動をクリックします。

一般的な設定

サイトタイトル、キャッチフレーズは変更しときましょう

キャッチフレーズは基本的に空欄が推奨されています。

WordPressを導入したらまずすべき7つの初期設定 | 次世代ビジネス研究所

サーバーやドメインを契約し、無事にWordPressをインストール。これだけではまだ万全ではありません。 WordPressをしっかりとインターネットの世界で認識してもらうためには、基礎となる設定をしなければいけません。 …

テンプレートの設定

初期の設定はお世辞にもかっこいいとは言えないですが

WordPressでは、マウス操作だけで誰でも手軽にデザインを変更できるようになっています。

デザインを選ぶだけでかなり時間が掛かってしまいそうなぐらい多くのテンプレートが公開されています。

外観→新規追加の順にクリックしていくと

以下の画像が管理画面から見れるデザインのテンプレートになります。

データのアップロード

データのアップロードをクリックすればダウンロードしたファイルからでもデザインをWordPressにインストールすることができます。

  • SNSボタンが付いているか?
  • SEO対策済みか?
  • 日本語対応済みか?
  • モバイル対応済みか?

デザインだけでなくこの点も踏まえてテンプレートを探すといいと思います。

他にも注意する点がありましたので以下の記事をご覧ください

WordPressのテーマ選びで気をつけるべきポイントとオススメテーマ7選 | 株式会社LIG

エリー こんにちは、メディア事業部のエリーです。 WordPressでブログを始めたら、まずテーマを選びますよね。 テーマには、バンドルされているデフォルトのテーマ以外にも、有志が作成・公開しているデザインテンプレートがたくさんあります。 テーマ選び自体は自分の洋服を選んでいるような感覚で楽しいのですが、本当に無数のテーマが存在するので、どれを選んでいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

無料デザインテンプレート記事

スマホ対応済み!WordPressの人気無料テンプレートまとめ

初心者におすすめ!無料で使えるWordPressのテーマ30選【日本語対応のみ】

TCD テーマ一覧 – WordPressテーマ一覧 | ワードプレステーマTCD

WordPressの無料テンプレート配布サイト19選、無料なのに超使える!

WordPress – 無料テーマ&テンプレート紹介サイト|テーマタンク

無料なのに高品質!企業サイトやビジネスに使えるWordPressテーマ10

プラグインのインストール

プラグインとは?WordPressの真骨頂、マウス操作一つで様々な機能をインストールできる便利な機能なんです。

痒いところに手がモサモサ届きます。

SEO対策が詰まっている、All In One SEO Pack

出来た時点で8割、9割対策できていると言われるWordPressを完成に導いてくれるプラグインです。

All in One SEO Pack の設定方法と使い方 – バズ部

All in One SEO Pack

アイキャッチ画像を自動で設定、Auto Post Thumbnail

画像の赤枠の部分です。

Google、Feeblyは後から送信し直しても、情報を取得しなおしてくれません。

ちょっと規模は小さいですが、blogcircle送信し直してもだめです。

なので記事を書いても埋もれてしまいますが、それを防ぐために自動でやってくれるのが以下のプラグインです。

Auto Post Thumbnail|アイキャッチ自動設定プラグインの設定方法

スパム投稿をシャットアウト、Throws SPAM Away

下手にガチガチにすると悪意のない投稿まで規制してしまいますがThrows SPAM Awayでは悪意のない投稿に考慮しつつ、スパム投稿だけを規制できます。

プロが教えるWordPressでスパム投稿を拒否する方法

今回はWordPressでスパム投稿を拒否する方法を紹介したいと思います タイトルにプロ教えるって付けたのは僕がスパム行為に対するプロだからですw この掲示板、こうしたらこうだなと、こういう対策をしているならこうだ!と探るのが大好きですw サイトを宣伝しながら新しいフォームのサイトを見つけてはソースを見てムフフしています。 一緒にムフフしたい方は上記のまとめ見てくださいw …

URLをよりスタイリッシュに貼る、Embedly

URLを貼るだけでこの記事にも度々、ブログカードが出ていますが

こんなの↓

WordPressのEmbed(埋め込み)のカスタマイズ最新版。ver.4.5.3ではてなブログっぽくする方法。

以下のプラグインをつかうと更に便利です。

プラグインEmbedlyがWP4.4標準の埋め込みよりも便利

手軽にsitemap 送信、Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsの設定方法

あなたのコンテンツをしっかり検索エンジンに認識してもらうためには、サイトマップは必須である。だが、記事の公開や更新に合わせて毎回、このサイトマップを手動で編集してアップロードするのは非常に手間だ。 そこで、Google XML Sitemaps というプラグインを使うと、 記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成する サイトマップが生成されたら自動で検索エンジンに通知する …

WordPressでまず最初に入れるべきプラグイン10選 | TechAcademy

PING送信

記事を更新したら各サーバーに送信しときましょう。

インデックスが早くなりますが、基本的にGoogleだけでいいんじゃないかなと思います。

ブログサークルやブログ村などのサービスを使っている場合も設定することで更新した記事が表示されます。

ブログ更新を通知するPING送信先の指定 – WordPressの使い方

新しい記事を公開した場合、特に何もしなくてもある程度の時間が経過すれば検索エンジンにインデックスされ、検索エンジンで検索した時に検索結果に表示されるようになります。この公開からインデックスまでの期間をできる限り少なくするために記事が公開されたり更新された時に更新通知サービスへ更新されたことを通知します。この更新通知を送ることをPINGを送信するといいます。ここではPINGの送信先を設定する方…

PING送信先リスト 2017年版最新 アクセス向上に役立つお勧め情報~更新しました

アクセス解析する

様々な角度からアクセスを解析することで次の施策に役に立ちます。

アナリティクスにはアナリティクス閲覧用のプラグインがありますのでインストールしとけば管理画面から閲覧することができます。

自分のブログのことを知ろうSearch Consoleの使い方まとめ

今回は自分のブログのことを知ろうということで、Search Consoleを紹介したいと思います。 最初に言っておきますが、僕は使い方サイトなどを見たことがないですww 適当に長年ガチャガチャやってたらいつのまにかわかったさんになっていました。 アクセスアップしようとしてみなくても、ただ眺めているだけでも面白いのでサイト持っている人は是非やってみてくださいね GoogleSearchConsoleとは、Googleが提供するサイト運営者向けのツールです。 サイトを運営する人ならいまや登録は必須といえるツールの一つですね Google Search Consoleでできること GoogleSearchConsoleでできることは 検索アナリティクス どのようなワードで検索されたか 緑が検索順位で 赤が表示回数 青がクリック数 ●クエリ 検索されたキーワードがクリック数順に表示されます。 下には アクセスアップ 方法 アクセスアップ 手法 など、検索されたワードが並んでいます。 ●ページ 検索されたキーワードでクリック数が多いURLが表示されます。 これらをの数値を知ることで次どのようなワードで書いたらいいのか、どのようなキーワードなら自分のブログでも上位に表示されるのかなど対策を練ることができます。 クローラーがサイトにアクセスできるかどうかなどをテストできます。 再クロールのリクエストもここでできます。 robots.txt テスター robots.txtにエラーがないかチェックできます。 サイトマップ サイトマップが適切にできているか、送信もここでできます Googleからのメッセージ 著作権違反等の理由によりインデックスから削除された Bloggerを使っていたらここから記事が消えました(萎

まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】

Google Analytics(アナリティクス)は、無料で使えるめちゃくちゃ高性能なWEBアクセス解析ツールです。 でも、高性能・多機能な分、初心者には使いこなすのが大変。 そこで、今回はブログマーケッターJUNICHIが、Googleアナリティクスの使い方の基本~応用が分かる特集ページを作ってみました。 JUNICHI …

カテゴリの作成

カテゴリを作成しとけばアクセスしてきたユーザーが興味のあるジャンルと同じジャンルを読みたいと思ったときに見やすくなります。

カテゴリーを作成する

記事が多くなった時のために事前にカテゴリを作成しておいた方が良いでしょう。記事が増えてからカテゴリ分けを行うのは大変ですので、記事を書き始める前にある程度細かくカテゴリ分けしておくことをオススメします。 投稿画面 のカテゴリ選択欄からも新規カテゴリの追加が可能ですが、まとめて作る場合にはカテゴリ作成画面が便利です。 投稿 ⇒ カテゴリ 「名前」にはお好きなカテゴリ名を入力します。 …

いかがだったでしょうか?

今回紹介しただけでも十分ブログ管理人さんの助けになる機能が充実していると思います。

まだまだ僕が知らないだけで便利な機能、やるべきことはありそうなんでこれからどんどん記事を書いていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする