手軽にPHP開発環境を整えるXAMPP

今回は手軽に開発環境を整えるソフトXAMPP(ザンプ)を紹介したいと思います。

なんとなく紹介したかったので紹介しますw

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

XAMPP(ザンプ)ではMariaDB、PHP、 Perl、Apacheが一緒にインストールされます。

ちなみにXAMPPの名前は、X(Windows、Linux、Mac OS X、Solarisのクロスプラットフォーム)、Apache、MySQL、PHP、Perlの頭文字をつなげたものです。

メリットは通常のPHPの開発環境を構築するより、そこらへんのフリーソフトを入れる感覚でインストールできる為、簡単という点です。

デメリットは、パッケージとしてインストールされるためバージョンが少し古かったりしますが、僕はそんなにサクサク最新版に切り替えたりはしないのでどうでしょう^^;

インストール方法は以下をご覧ください。

今さら聞けない!XAMPPをインストールする方法【超初心者向け】

XAMPPのダウンロードとインストール

XAMPP プロジェクト日本語トップページ – OSDN

初心者向け!今さら聞けないXAMPPのインストール方法

PHPをこれから勉強する人必見!xamppでローカル環境構築

HTML,CSSは習得し終わって、次はPHPを勉強しようという方必見!PHPのテスト環境を構築するために最適なツールであるxampp(ザンプ)のインストールの仕方、設定方法、使い方を詳しく説明します。

上記の記事では設定から文字列の出力まで書いてくれています。

画像のようにセキュリティソフトのような感覚でスタートしたり使わないものはストップしたりといったことが手軽にできます。

No Title

ITライフに関するTipsを掲載しています。

http://mizushima.ne.jp/Windows/XAMPP/XAMPP.php

自宅サーバーを構築したりできます。

GlobalなIPを持ってないけど自宅サーバを公開したい!(構成編) – tomesuke.log

ちょっとでも Linuxや Apache 等に触った人であれば、一度は 「自宅でサーバを運用したい!あわよくば外に公開したい!!」 と思ったことがあると思う。たぶん。 サーバを外部に公開するために最も必要なもの、 それは決して高スペックなPCや高機能なサーバアプリケーションではなく、 グローバルIPアドレス である。 日本の大多数の人たちは フレッツ光や au 光などのインターネット回線を契約し、 静的・動的関らず グローバルIPアドレス を借りて日々インターネットしているけど、 世の中には グローバルIP をもらえない環境の人もいる。 マンション付属の無料インターネットユーザである。 これはマンションに管理者が1本インターネット回線を引き、 DHCPで各部屋にローカル IPアドレス を配ることで回線コストを下げ、 そのマンションに住む人は回線料金を払わずに数十Mbpsのそこそこの速度で インターネットができる、というもの。(家賃にちょっとは上乗せ?) 以前住んでた レオパレス もこの方式だった。今住んでるアパートもこれ。 この環境だと自部屋にはローカル IPアドレス しか払い出されず、 せっかくの 自宅サーバ が公開できない!!ということになる。とてもショック。 マンションルータに入って静的NAPT設定できるなら話は別だけど…

動的IPアドレスでも自宅サーバーに常時接続する

3,590 views 実現させる機能 インターネット上からドメイン名(=家庭の表札、会社の看板)でサーバーにアクセスできるようにするため、 しました。また、 しています。 しかし、自宅のモデムやルーターの電源を切ったり、自宅パソコンのインターネット接続を切断したりするとプロバイダから割り当てられるIPアドレスが変わってしまう場合があります。そうなると、取得したドメイン名でインターネット上から自宅のサイトに接続することができなくなります。ufusou.ddo.jpやufuso.dip.jpというドメイン名のものとして登録されているIPアドレスとプロバイダから割り当てられたIPアドレスが一致しないからです。 自宅サーバーを特定するためのIPアドレスを自動更新できれば、IPアドレスの変更が原因で外部からufusou.ddo.jpやufuso.dip.jpというドメイン名で登録している私のサーバーにアクセスできなくなってしまうトラブルは防止できます。また、一定期間IPアドレスの更新処理が行われないとDDNSサービスが自動的に打ち切られてしまうため、これを防ぐ目的もあります。 事前準備 ※ドメインの取得は、 無料のダイナミックDNSに登録する方法(ieServer.Net編)や 無料のダイナミックDNSに登録する方法(Dynamic DO!.jp編) を参照してください。 ■Dynamic DO!.jpで取得したドメインのIP自動更新設定※2週間毎にリンク切れをチェック [root@ufuso ~]# vi /etc/crontab  ← 自動実行ファイルのcrontabを編集 SHELL=/bin/bash PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin MAILTO=root HOME=/ # For details see man 4 crontabs SHELL=/bin/bash PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin MAILTO=root HOME=/ # For details see man 4 crontabs # Example of job definition: # .—————- minute (0 – 59) # | .————- hour (0 – 23) # | | .———- day of month (1 – 31) # | | | .——- month (1 – 12) OR jan,feb,mar,apr …

固定IPアドレス持っていないからとあきらめることなかれ

動的IPアドレスでも自宅サーバーはできます。

僕の代わりに誰かやってみてくださいw

僕は以前、ノートパソコンしかもっていなかった頃に

使ってないノートパソコンあればサーバーできるよ!ノートパソコンだと充電ができるので、デスクトップと違って停電してもしばらくは起動できるというのが先輩の教えでしたw

ですが、ノートパソコンだと発熱が凄いので只でさえ短い寿命が余計縮むなと思い辞めました。

電気代、PC代などを考えると共有サーバーでいいかなと思います^^;

とりあえずこんなのありますよっていう記事でしたw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする