JAVA開発環境を整える。

今回はJAVAの開発環境を整えてみたい思います。

まず、以下の画像の○のほうをクリックします。

僕がwindows7なんでwindows7前提で進めていきます。

Accept License Agrementにチェックを入れて、winndowsのビット数を選択します。

x86が32bitでx64が64bitです。赤枠のいずれかを選択してください。

JDKのインストール

ダウンロードが終わったらインストーラーを起動して次へを押していってください。

もう一回次へをクリックします。

インストール先:

C:¥Program Files¥Java¥jdk1.8.0_74

これはメモしておきましょう後で使います。

メモするのを忘れてしまった場合、Javaをインストールした場所、ソフトを探してプロパティを見れば確認できます。

次へをクリックするとインストールが始まります。

インストールが終わりました。

環境変数の設定

windowsスタートボタンをクリック

コンピューター、プロパティを開きます。

システムの詳細設定を開きます。

システムのプロパティを開いたら一番下の環境変数を開きます。

Pathという項目があると思います。

編集をクリックしてください。

ここで先ほどメモしておいてくださいといった。

C:¥Program Files¥Java¥jdk1.8.0_74

を使います。

C:¥Program Files¥Java¥jdk1.8.0_74¥bin

¥binを付け加えます。

これでOKを押して終わりです。

終わったらもう一度スタートをクリックして「プログラムとファイルの検索」

画面で「cmd」と入力してみてください。

コマンドプロントの画面に「javac -version」と入力してjavaのバージョンがひょうじされれば完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする