kamry社のx8jレビューしてみる。使い方や口コミなど

今回は前回に引き続き電子たばこネタで行きたいと思います。

今回は、楽天やアマゾンでいまだに人気のkamry x8jを紹介します。

僕が、初めて買った電子たばこは、kamryのx6でした。

X6と比べサイズも機能もアップしたx8Jが今回紹介する電子たばこです。

x8jの内容、性能

電子タバコ vape X8J リキッド式

サイズ:長さ約187mm・幅約20mm

セット内容:本体・充電器・専用ケース

製造販売元:Kamry社

■カラーバリエーション
1.COLD
2.SILVER
3.BLUE
4.GREEN
5.PURPLE
6.RED
7.BLACK
8.WOOD
9.CAMO
■バッテリー容量:1500mAh
■可変出力:低電圧3.2V~高電圧5.0V(10段階)
■付属品
X8Jバッテリー1500mAh×1
アトマイザー×1
USB充電器×1
USBコンセント変換アダプター×1
キャリングケース×1

見た目は大きい分、吸い応えはあります。

アトマイザーの吸い口(ドリップチップ)の中の部分が

他機器に比べ少し細くなっているので、それが煙草の吸い応えを再現しているんだとか

ニコリキ(ニコチン入りのリキッド)を使えば煙草を辞めた僕の感覚では煙草と変わらないぐらいの吸い応えを味わうことができます。

先端部にダイヤルが付いておりダイヤルを回すことで低電圧3.2V~高電圧5.0Vの10段階調節が可能です。

初めて電子たばこを吸うという人は、3.2Vぐらいがちょうどいいかもしれません

5.0Vでは吸い慣れている僕でもムセますw

バッテリーはこのサイズ、重量大容量というだけあって

一日十分に持ちます。

他の電子たばこと比べても大きさは一目瞭然

一番右のsmyがたばこより少し長いぐらいです。

長さ約187mm・幅約20mm

目立つのが好きな人にはお勧めですw

分解してみると、このようになります。

十字の部分がスイッチになっていて三回素早く押すと電源ONになり、それから長押しすると煙がでます。

もう一度素早く三回押すと電源OFFになります。

シルバーの部分がバッテリーになっており、ネジ式の充電機器でUSB接続可能なコードに接続すれば充電できます。

前回紹介したAspire K2と違い、充電中はアトマイザーと分離してしまうので、吸うことができません。

アトマイザーの中身です。中からニュルンと出てきているのがコイルで交換部品になります。

くるくると回したらでてきます。

無事出産w 見ての通りこの部分にリキッドを入れます。

初心者向けに考慮しているのか、これまで使ってきた電子たばこの中ではリキッド注入のためのスペースは広いので、先の細っているリキッドの容器ならこのような注射器はいらないです。

まとめ

今回紹介したkamryについてまとめてみますと、いい点は電池も持ちがいい、吸い応えがある。

サイズが大きいのでゴツい電子たばこを求めている人にはおススメ

前回紹介したAspire K2に比べ、すでに購入者が多くいますので、レビュー等の情報が豊富

交換パーツも珍しい電子たばこに比べ、入手しやすいと思います。

悪い点を挙げるとまず嫌でも目立ってしまう大きさです。喫煙所で吸っていると初見の人から高確率で「なにそれ?」と聞かれます。

他にはレビューなどには挙がっていませんが、ドリップチップの根元にリキッドが逆流してくることです。これをスピットバックというそうなんですが、何回か吸うと「ジュルジュル」ってなります。

吸い方にも問題があるそうなんですが、ほかの電子たばこでジュルジュルしたことはないのでkamryが原因だと思います。

価格も安いので、僕としては部屋で吸うのには気に入っています。

初めてお試しで買う人にはこの電子たばこでもいいのではないかと思いましたが最近では2000円どころか、1000円を切る電子たばこもでているし、お試しとしても選ばれるメリットも一時期に比べなくなって来ているように思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする