Aspire PockeX Pocket AIO(アスパイア ポケックス)レビュー

今回は、Aspire PockeXの記事を書いていきたいと思います。前回アスパイアK2を購入して記事を書きましたが、今回はアスパイアポケックスを購入してみました。

電子タバコ、Aspire K2 Quick Starter Kit レビューしてみる

今日は、約三か月ぶりにブログを更新します。 夏のお中元で宅配が繁忙期に入り、更新をストップしたまま、ツムツムにどっぷりハマりまして、更新する習慣がすっかりなくなってしました><   カテゴリ別けしていくつかブログを持っているんですがたまにしか更新しそうにないのでこのブログで更新します。   ブログを更新しなかった間ですね、僕の人生で大きな変化がありました。 それは、煙草を辞めたことです。 …

アスパイアK2は見ての通りガラス面が剥き出しになっており、僕はすぐに割ってしまいます。そこで商品名「爆煙」?だったと思うんですが、アスパイアK2のような大きさの電子タバコを使い続けていました。

この電子タバコもどうも、コイルがすぐ使えなくなるので今回、前から気に入っていたアスパイアポケックスを購入したんです。

到着するとこのような箱に入って梱包されていました。

早速中を開封してみます。

デザインは洗練されたデザインという感じで無駄な装飾は一切ないです。

アスパイアポケックスと印字されています。

このように、分解することができます。ドリップチップは分解することができるんですが、他の一般的なVAPEとの互換性はないです。

リキッドの注入方法ですが、三枚目の画像を見れば分かるように、他社製品に比べかなり入れやすくなっています。

付属品は説明書、充電コード(USB)、コイルの予備になります。

充電はスマートフォンの充電器が使えます。

持った感じ見た目通りの重量感がありつつもKamryなどと比べ、長さが短く手のひらサイズなので無駄がないという感じです。

肝心の吸い応えなんですが、煙量は多いですが、エアフロー調整不可のためか吸った感じがスカスカ感があります。

ガラスということでリキッドの残量は確認しやすくなっています。この商品が3000円ちょいならコスパは高いのではないかと思います。

初めての方にはおすすめしたい商品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする