スバルサンバー イグニッションコイル、プラグコード、プラグ交換してみた

今回はスバルサンバーTT1のイグニッションコイル、プラグコード、プラグを交換してみました。100万キロを目指していますが、出来るだけコストをかけなくていいところは安く済ませ修理するときは惜しみなく修理していきます。今回の修理ですが画像を見れば分かるようにリークしている?のかプラグコードが白く変色しているのが分かります。


イグニッションコイルはヤフオクで1300円でした。89000キロしか走っていないということで390000キロ走っている僕の車からしたら新品みたいなもんをこの破格で手に入れることができましたw
これでイグニッションコイルは30万キロは変えなくていいかな??

さっそくコネクター2つとプラグコードを抜いたんですが一番のプラグが抜けない…

今回は台座ごと変えたので全部外しましたがイグニッションコイルだけ変える場合は赤の矢印の分のネジだけでいいです。

コードの被覆をむき出しにしてプライヤーでコネても抜けませんでした^^;

本体を取り外した後で取り外しやすくなってから壊してもいい覚悟で再度コネコネしてようやく抜けました中は小麦粉でも入っているのかというほど真っ白です^^;
サンバーのイグニッションコイルはこの部分が劣化しやすいらしく悪化するとプラグを差している部分が膨らんで割れている人もいました。僕のはまだそこまでは行っていないものの危なかったかも

お約束の新旧比較右の金色の台座が新品(笑)で左の銀色の台座が中古です。

次にプラグとプラグコードなんですがなぜか間違えてコード2個注文してしまいました。
本当は今回も見た目がかっこいい永井電子のパワープラグコードが欲しいんですが、コードに一万円もまたかけると妻から怒られそうなので今回は3000円程度のNGKのものにしました^^

NGKのプレミアムRXという1500時間耐久テストで0.02mm消耗劣化という高品質を謳っている製品なんですが一般車ならプラグノーメンテナンスでもいけると思いますが仕事で使っている車なので劣化しまくっています。
コードは耐久性は大差なさなさそうなんでケチりましたがプラグはすぐ変えないといけなくなりそうなんで惜しみなく高いプラグにしました。


完成です^^リークしていたものの体感できるほどの変化はありませんでした。

ついでにO2センサーを交換したかったんですが、ネジが外れねぇ;;
僕のサンバーはマフラー側22960-KA370、エキマニ側は22960-KA220という品番なんですが、「妻にこれ注文しといて」とURLを2つ送っていたら注文ミスして同じ22960-KA370が二つ到着しましたw
マフラー側とエキマニ側は配線の長さが違うだけで流用可能という情報もありマフラー側のほうが長いという情報がありましたのでエキマニ側にも使えるかと思いましたが、エキマニ側はコネクタの形状も違いました。

NGKプラグコード 品番:RC-FE60
スパークプラグ
[ IRIDIUM RX ] 品番:BKR6ERX-PS

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする