配線知識不要で手軽な3000円以下から自作できるDIYソーラー発電 貸家 アパートOK!

今回は、貸家やアパートでも手軽に自電活動を始めれるソーラー発電について紹介していきたいと思います。
ソーラーと言えば、家の屋根や大規模なスペースを使った発電がありますが、数十万というコストがかかります。そこで今回、僕がアマゾンで購入したソーラーは小型の人感センサー付きライトです。

最近、車のフォグランプを消し忘れたことがあったんですが、フォグランプはLEDでした。朝から夕方までつけっぱなしだったにも関わらず、バッテリーも上がってなくて無事エンジンがかかりました。
普通の電球だったらたぶんエンジンはかからなかったと思います。LEDは消費電力が少ないと知ってはいたものの、実際にこうしてLEDの凄さを目の当たりにして家の白熱電球を全部LEDに変えちゃいましたw

そこからエコ活動に火が付き人感センサー付きのLEDを購入しました。
今回人感センサー付きソーラーを取り付けたのは、2階へ上がる階段の電気です。
うちでは一度上がり降りしたら結構付けっぱなしのことが多かったんですが、エコ意識の強い人だったら付けるたびに消すと思います。しかし家族全員に消すように促すのも煩わしいと感じられそうだし
人感センサーなら勝手に消えてくれるので「電気付けっぱなしだよ」と言わなくても済みます。

アマゾンで海外製の安物を購入というと届いてみたらしょぼかったということも結構ありますが、この商品は同じようなソーラーライトの中では購入したライトの価格は一個2400円で高額な部類に入ります。まだ安い品もありましたが、届いてみたらしょぼかったパターンの物だったのでちょっと奮発しました。
LED自体もスマホぐらいの大きさで大き、ソーラーはタブレットぐらいの大きさで十分すぎるほどの大きさでした。

付属品は本体、ソーラー、固定用のネジと到着後すぐに使用できます。

ソーラーが大きく使用時間も短いおかげで設置位置は隣の家の日陰で、窓も閉めたままにも関わらず無事点灯しています。

初期費用とLED電球と白熱電球の寿命

白熱電球は100円程度ですがLEDは購入時に500円の差があり5倍も初期コストがかかりますが、白熱電球の寿命は、およそ1500時間、LED電球の寿命は、だいたい4万時間前後と言われています。
1日1時間使ったときに白熱電球は4年、LED電球は100年持つので価格は5倍なものの同じ値段でLED電球一個使い終える間に25個も電球を買い替えないといけないですね。
LED電球なら生きている間に買い替えなくていいと思えば格安ですね。

ソーラー式人感センサーライトの費用は回収できるのか?

今回購入したライトの価格は一個2400円です。1Kwhあたり27円計算した時に

白熱電球 54W 年間1時間使用で532円  8時間で4256円
LED電球 7.8W  年間1時間使用で76円    8時間で608円となります。

となっており一度買ってしまえば料金がかからないソーラー発電は8時間使う場所に設置すれば白熱電球と比べ1年もかからずに償却できます。

ソーラー式人感センサーライトの使用例

最初は画像のように設置してましたが、突っ張り棒で縦に棒を突っ張って針金で固定しました。
このようにすればネジで穴を開けたりせずにアパートや貸家でも使うことができます。

LEDが60個も付いており眩しいです。人感センサーの向きは180度変えれるので、家に合った使い方ができます。

センサーの反応距離、時間、明るさも調整でき、常時点灯、OFF、人感センサーモードにも切り替えができます。最大感知可能距離は12mで思わぬ距離からも反応してくれます。

でもやっぱりLED電球には及ばない明るさです。

もう一か所階段と玄関に対応した人感センサーを取り付けているんですがこちらは配線が見苦しかったので目隠ししました。
センサーライトといえば一体型になったものも売られていますが、今回購入したライトは、ライトとソーラーが分離していて配線も5mありライトが設置したい場所が日陰でもソーラーを別の場所へ設置できるので便利です。

商品サイズ:(約)22.5×14.5×20cm
重量:1.1kg

ソーラーパネル:9V/1.2W
バッテリー:5pcs 1.2V NI-MH 900mA (充放電回数600-800回)
継続照明時間:約4時間
取り付け高さ:1~3m
センサー時間(調整可能):約4~120秒(調節可能)
センサー距離:約8m
センサー範囲:120°
ケーブル長:約5m
LED:60個 LED 13000mcd
光調整幅:5LUM-20LUM

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする