FUT(エフュ ト)ポータブル電源ソーラー充電器レビュー

今月27日09時11分ごろに日向灘を震源とするM5.4の地震が二回も発生しました。日向灘では今年に入ってからM3クラス以上の地震が10回も発生しました。
最近地震多いですよね。この地震は南海トラフ地震の前兆ではないかと言われております。

地震と言えば停電も怖いですね。僕も何度か停電を経験していますが、不便です。
電気がないと料理もできない(IHクッキングヒーター)のためテレビも見れないし明かりも真っ暗、そしてなにより災害時に必要な情報を仕入れたり親族と連絡を取ったりするのに必要なスマホも充電ができないと使えなくなります。

災害に備えるだけでなく普段から電力会社だけに頼らない自電を少しずつしていこうと思って前回もソーラーで使えるセンサーライトを購入しました。
このライトも階段と廊下に設置しており停電時でもスムーズに避難できると思います。

そして今回、紹介するのはFUT(エフュ ト)製のソーラー充電が可能なポータブル電源です。
この商品はアマゾンで7900円で購入しました。ポータブル電源は色々と販売されていますが、1万円の価格帯で販売されているものはソーラー別売りになっていますので、ソーラー付きでこの価格はお買い得かなと思います。
この商品はFMラジオ、SDカードからの音楽再生、懐中電灯、LED、ライト、USB充電など多彩な機能を備えており想像以上に軽いので災害時にもこれ一台持っていけばかなり役に立ちます。

SWITCH
電源が入ります。

BATERY
アマゾンではこの機能があるか記載されていなかったんですがBATERYで電池の残量がわかります。

3.7V(4か所)
付属の電球の電源に使えます。

220v AC IN
付属のコンセントを使ってソーラー以外にも充電機能がありますが、充電電圧が220Vで、プラグはヨーロッパ標準プラグとなっており別途変圧器が必要です。アマゾンで安いものなら1000円でありました。

6V IN
付属のソーラーの充電に使えます。

電球マーク
右上の電球マークでライトが点灯


LEDライトを点灯させてみました。コード部にON,OFFスイッチも付いています。


多数の機能を備えておりながらIphoneと比較してもこのコンパクトさ
バッテリー容量は9AH 3.7Vで満充電なら携帯電話のAh数は2500mAhなので、携帯電話5台は満充電できます。
出力は1.5Aあるものの不満なら昼のうちにモバイルバッテリーを充電しておきそこから充電してしまえば解決します。USB差し込み口が二か所しかない問題も分岐してしまえばOK


使用寿命は1万時間以上とありますが、電池式なので探してくれば交換もできそうですね。
今回購入したポータブル電源は本格的にキャンプなどで使うにはAC電源の出力がないなど問題がありますが、家でソーラー発電でスマホを充電したりする分には十分すぎる容量だと思います。
他になにか使える場所がないか探してみようと思います。

ソーラーパネル:6W 6V
ソーラーパネル開回路電圧:5.5~6.5VDC
USB出力電圧:5VDC/1.5A
電圧:DC220V
充電電流:1A
タイプ:ソーラーパネル
内蔵バッテリー:5×18650 1500MAH 3.7V
作業温度:-10℃から+50℃
使用寿命:10000時間以上 です。

パッケージは以下を含みます:
1xポータブル発電機
1xソーラーパネル
1x電源ケーブル
1x多機能USBケーブル
1xリモコン
1xユーザーマニュアル
3xLEDランプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする